外資系転職のポイント

給与体系や評価制度を確認しよう

外資系転職の後に仕事の成果に応じた給料をもらうには、志望企業の給与体系や評価制度を確認して、自分にとって働きやすい環境かどうか検討することが大切です。例えば、営業職など成果をデータ化しやすい職種については、完全実力主義を採用している外資系企業が多くあり、転職をして間もない頃は毎月の収入が不安定になることもあります。一方、事務職や経理職など日本企業と業務内容がそれほど変わらない職種については、基本給がそれほど高くないものの、安定収入を得ることが可能です。なお、外資系企業では、日本企業のボーナスに相当するインテンシブと呼ばれるシステムを導入しているところが多くあり、収入アップを期待して転職をする場合は、企業ごとのインテンシブの算定基準をしっかりと把握することが大事です。

エージェントを通すと外資系企業の非公開求人に応募できることも

外資系企業の求人は、キャリアや能力などが要求されるものが多く、一般の求人サイトなどに大々的に掲載されないことがあります。そうした中、日本企業で身につけたスキルを外資系企業で試したい人は、外資系転職のサポートが優れているエージェントを活用することがおすすめです。高収入の求人を多く扱っているエージェントの中には、専門的な業務の経験や資格がなければ会員登録ができないところもあるため、早いうちから身の丈に合ったエージェントを探してみましょう。また、ITや医療、メーカーなどの有名な外資系企業の非公開求人は、実績があるエージェントを通じて応募をすることで、他の求職者よりも有利な条件で転職活動ができることがあります。