外資系転職のデメリット

魅力が多い反面、年功序列や終身雇用がない欠点も

日本企業の風土や慣習が、若い世代を中心に問題視されています。自分の可能性を確かめたい、国際的なビジネスの舞台で活躍したい等の思いから、国内企業から外資系企業への転身を模索する人々が増えてきました。外資系企業の利点は風通しの良い企業風土がある点です。働き方や勤務スタイルが自由であったり、フランクな上司と部下の関係があったり、給与が個人の頑張りで上昇する等、魅力は盛りだくさんです。

翻ってデメリットも多く、外資系企業は年功序列や終身雇用が原則的にありません。転職後、真面目に勤務していても、上司に評価されなければ給与や待遇は上昇せず、また一定の成果を出さなければ、シビアに降格や部署移動、最悪の場合は解雇などのペナルティがあります。

社内公用語が英語だと、普通の日本人は苦戦するかもしれません

外資系企業の中には社内公用語を英語に設定している組織があります。日本に置かれた支社でも、その方針が適応される事が多いです。当然転職すれば、英語で普段からコミュニケーションを交わさなければいけません。外資系企業ののびのびとした風土やフランクな人間関係は魅力的ですが、英語力に自信がない方にとっては、かなりシビアな環境になりかねません。

一般的な英会話ができても、文字通り本場のビジネスシーンで通用するスキルがなければ、外資系企業の会議やプレゼンでは評価されないのです。単純に同僚や上司と思うように会話が出来ないと、それだけで疎外感に悩まされるでしょう。英語力が低いと残念ながら、それだけで社内評価が下がり、他のスキルが有能でも、思ったとおりに昇進や昇給が出来ません。そのため人によっては日本企業に在籍していた方が、時間は掛かるものの安定した肩書と高年収を得られる可能性が高いです。