外資系転職に必要なスキル

多角的な視野とコミュニケーション能力が必須

外資系企業への転職については語学に堪能なエリートが有利というイメージがあります。外国語を話せる技能も重要なのは間違いありませんが、それ以上に求められるスキルは物事を多角的に見ることができる広い視野と誰とでも友好的な関係になるコミュニケーション能力の高さです。外資系企業の多くは様々な国と商取引を行うので、価値観や考え方が異なる外国人と接する機会が多くなります。 そのような人たちと良好な関係を築くには先入観や偏見を持たず、積極的に接する姿勢が不可欠です。多角的な視野を持つ人はひとつの事柄に対しても特定の考え方に囚われず、冷静に考察することができます。また、コミュニケーション能力が高ければ考え方が異なる人とでも仲良くなれるので、外資系企業には必須の人材です。

独創的な発想力と協調性も欠かせない

外資系企業の多くは個人の能力に重きを置く傾向があります。個人の頑張りに対する評価が会社全体の利益に繋がると考えているためです。そのため、外資系企業で大成するには他とは違う独創的な発想力が必須と言っても過言ではありません。その一方で他の人と協力して大きな仕事をやり遂げる協調性も必要になります。個人主義の傾向が強い外資系企業もチームプレイを軽視しているわけではありません。大きな仕事を成功させるには多くの社員が協力して取り組む必要があるためです。協調性の無い人は独りよがりになりやすく、自身を省みることが無いのでビジネスマンとしての成長が見込めないと言えます。外資系企業への転職については人間関係の良さと自身への客観的な評価が重要なポイントです。