外資系転職のメリット

能力が高ければ高給・出世が狙える

外資系企業は実力主義であることが大きな特徴です。能力が高く、実績を上げられる人ならどんどん給与をアップさせていくことができます。外資系企業の多くは、基本給と歩合給を組み合わせた給与形態をとっており、実績に応じて歩合給が変動するため、実力次第で高給が狙えるのです。 また、能力がある人なら年齢や経験に関係なく、昇進することも可能です。 例えば年功序列的な日系企業では、どんなに能力が高くて会社に貢献できるような人物だとしても、年齢が若いうちに上の役職にいくのはなかなか難しいものです。その点、外資系企業は年齢は全く関係ないので、若年でも重要な役職や管理職のポストに就くことも十分可能です。自分の働きによって、スピーディーにキャリアを切り開いていけることは、外資系企業のメリットと言えます。

ワークライフバランスを意識することができる

外資系企業で勤務する人の多くは、仕事は人生の中の一部分でしかないと考えています。日本の社会の中では、より長く、より休まず働き続けることが美徳であるというような風潮もありますが、外資系企業は全く反対です。限られた時間の中でいかに効率的に仕事を進めるかが問われる環境です。したがって、外資系企業において残業が多い人は、勤務時間内に仕事を片付けられない能力の低い人だとみなされてしまいます。

このような社風から、仕事とプライベートをしっかり分け、ワークライフバランスを意識できることが外資系企業の大きなメリットです。勤務時間の仕事をしっかりすれば、あとは自由に過ごせます。休暇も取りやすいので、プライベートを充実させたい人や、家事育児にウエイトを置きたい人にもぴったりです。